クロモリフロントアクスルシャフト ゼファー400χ’97~

クリックで画像を表示
バグースクロモリフロントアクスルシャフト
クリックで画像を表示
バグースクロモリフロントアクスルシャフト
クリックで画像を表示
バグースクロモリフロントアクスルシャフト

クリックで画像を表示
バグースクロモリフロントアクスルシャフト

良いものだけを作りたい。
バグースがこだわりぬいたクロモリフロントアクスルシャフト完成です。

フロントアクスルシャフトは
左右それぞれに微妙に動くフロントフォークの動きをタイヤに伝える唯一のモノ。
体感はしにくいけれど、とても重要な場所です。

正しく力を伝える為には強度が必要になる場所ですが、可能な限りバネ下加重は軽くしたい。

ならばチタンで作りたいところですが、チタンのシャフトは割れると言われており、レースのレギュレーションでは今も使用を禁止されています。

Bagus!の答えはクロモリSCM-440調質材での完全一体成型でした!

材質はSCM-440調質材
調質材とはクロモリの中でも分子レベルで粒をそろえたとびきりの素材。
その為丈夫で熱に強くひずみも出にくいのが特徴です。
これならヘックスで抜けるため軽量化にも成功!

製造工程も加工してコーティングして終わりではありません。
機械加工→熱処理→再研磨(熱処理によって出来た歪みを修正)→片肉10μの特殊コーティングのなんと4工程。

コーティングも通常4~5μのところを10μにした為、はがれにくく錆びにくく、それ自身の表面がなめらかです。

また、両端をねじにしてしまえば適合車種は増えますが、肝心の強度が出なくなる。
その為完全一体成型にこだわり、ナットは片側のみに使用します。

ZRX1100/1200、ZZR1100、ZX-14R用(TypeB)は太さがあるので中空仕様で、
ゼファー400χ、ゼファー750、ゼファー1100用(TypeA)はそこまで太さがないのであえて中空仕様にはせず強度を出してあります。

是非、手にとってその質感を感じてみて下さい。

 

カートの中身

カートに商品は入っていません